メープルメロンパン食べ比べ(セブンさんとローソンさん)

 

どーも!パンブロガー福介です ヾ(・_・; 

 

今回はパン比べです。

「メープルメロンパン」という通年アイテムにはなりづらい商品ですが、ほぼ同時期に上記2社から販売されたので面白いかなと。

それぞれ単独でレビューしちゃってますけど。

 

ちなみにメープルとは簡単に言うと楓の樹液です。

季節は秋です。

 

f:id:fukusuke33:20181020191942j:plain
f:id:fukusuke33:20181026065159j:plain

それぞれのパッケージ込みの写真。

(以後の比較写真もすべて左がセブン右がローソン)

全部が全部ではないですけどローソンさんは実際の商品が開封するまで見えず、写真をパッケージに使うことが多い印象です。

名前も副題付きが多い気がします。

この商品でも~カナダ産メープル~とあります。

消費者に素敵なイメージを持ってもらって購入してもらおう作戦なんだろうなと勝手に思ってます。

日本で流通しているメープルってほぼカナダ産のものですけどね。

あえて原産地をのせていくスタイル。

一方、セブンさんはほんとにシンプル。

無駄をそぎ落としていくくらいのイメージ。

これパッケージだけだと分からないんですけど、中にホイップクリーム入ってます。

それを一切、パッケージに出していないんですよね。

あくまで主役はメープルってことなんでしょうか。

 

f:id:fukusuke33:20181020192230j:plain
f:id:fukusuke33:20181026070036j:plain

それぞれの外観。

両商品ともメロンパンの皮生地部分にメープルシロップが配合されているようで通常のメロンパンよりも色が濃いですね。

表面もややボコボコ気味です。

特に左のセブンさんはそれが顕著。

右のローソンさんはそれほどではないんですが中央ががっつりへこんでいるのはあまり見映えがよくないです。

メープルは含蜜糖と呼ばれる種類の糖になるのですが、この含蜜糖は粘着性があって、やや扱いづらいため皮生地もどうしても個性的な感じになってしまういます。

そして両方ともメロンパンらしく皮生地にはグラニュー糖がまぶされていてキラキラしてます。

ちょっと珍しいのがローソンさんのほうのパンの下の簡易カップですね。

周囲がギザギザのやつ。

ちょっと商品に高級感が出ます。

 

f:id:fukusuke33:20181020192929j:plain
f:id:fukusuke33:20181026070352j:plain

それぞれの裏面。

セブンさんのほうが焼き色が濃いです。

しっかり焼成していますね。

個人的には「メロンパン」としての美味しさは表面の皮生地のカリッとした食感と中のパン生地のフワッと柔らかい食感のコントラストが大事だと思っているので、しっかり焼成している方が好みです。

 

f:id:fukusuke33:20181027090353j:plain
f:id:fukusuke33:20181026070528j:plain

内相(断面)です。

左のセブンさんのほうが目が粗いですね。

右のローソンさんのほうがキメ細かいです。

気泡(小さい穴のぷつぷつ)によって食感が異なります。

この違いを生むのは、生地のミキシング(捏ねること)の違いだったり、配合の違いだったり、使用している材料の違いだったり様々です。

セブンさんのほうが硬さを感じる生地のようですね。

柔らかさはローソンさんです。

また食感でひきを強く感じるのはセブンさんでしょう。

 

そしてセブンさんの方は中にホイップとメープルフィリングがサンドされています。

パンが焼きあがってから水平にパンをカットしてクリームを塗っています。

メープルフィリングも見えます。

濃い透明な茶色が美味しそうです。

クリーム量としては少なめに見えますが、あくまでクリームがメインではなく

美味しさアップのためのような感じです。

商品名に入ってませんしね。

 

一方のローソンさんは少し残念な感じ。

メープルのフィリングをパン生地で包んで焼成しているので、空洞ができるのは仕方がないんですが、やっぱりへこんでしまっているのは美しくないですよね。

ただ、空洞ができる原因でもありますが中のメープルフィリングが焼成中に溶けて周囲のパン生地をきれいなメープル色にしているのは、いい感じです。

そこだけ見ればとても美味しそう。

 

 

いただきましょう!ということで、

 

両商品とも皮生地にメープルシロップが配合されているからでしょう。

食べる前からメープルの甘いよい香りがします。

セブンさんのほうが強いですかね。

食感はセブンさんのほうがふんわり感(柔らかとはまたちょっと違うんですが)はしっかり感じます。

メロンパンぽい食感で生地自体は少し食べ応えがあって、満足感が得られるタイプ。

ローソンさんは空洞の影響か柔らかいんですがめが詰まった感じでちょっとモソモソ。

ただ口の中でのメープルの風味はローソンさんの方がより感じられます。

なんとなく高級感のあるメープルといった感じ。

強い風味というよりは洗練されている感じというんでしょうかね。

セブンさんはホイップがいい仕事をしていて美味しさアップに貢献してます。

ホイップと一緒にサンドされているメープルフィリングもしっかりコクがあって美味しいですね。

 

どっちがいいとかいう話ではないんですが。

トータルで見た時に自分はセブンさんの方が美味しく感じました。

どちらかというとセブンさんの方が万人受けするタイプの商品です。

ローソンさんはマイナスポイントもありますが、純粋にメープルがより楽しめますので、メープル好きな方にはおすすめです。

 

以上です。

最後まで読んで頂いた方、ありがとうございます。

それではまた( ̄ー ̄)ノ

 

PVアクセスランキング にほんブログ村