練乳ミルククリームの香ばしフランス  

 

どーも~!パンブロガー福介ですヾ(・_・; 

 

今回はセブンさんの「練乳クリームの香ばしフランス」です。

f:id:fukusuke33:20180523214459j:plain

まず商品名が長い!香ばしフランスの「香ばし」って必要?

お値段¥118です。息が長いアイテムというかコンビニパンに限らず、どこのパン屋さんでもほぼ必ず扱っている商品ですね。それだけ需要があるのでしょう。かくいう自分も好きな商品です。柔らかいフワッとした生地と違う、少し固めの噛み応えがある生地にミルククリームを絞る。間違いがない商品といいますか。まあ美味しいですよね。

配合がとてもシンプルな生地です。

f:id:fukusuke33:20180523214529j:plain

中央に切れ込みを入れてクリーム絞っているので分かりづらいですが、4本のクープが入ってますね。デザインてこともあるでしょうがクープを入れるとパンのボリュームが出ます。クリームもほぼ端から端まできちんと絞られています。街のパン屋さんだとこのクリームを菊口金なんかで絞るオシャレなお店もあります。

f:id:fukusuke33:20180523214647j:plain

断面です。

噛み応えの話に関係してくるのですが気泡(小さい穴みたいな)が大きめですね。こういう内相のパンは気泡膜が厚いため噛み応えがあります。

写真とるときにちょっとつまんでしまってクリームが上にグイっと出てしまいました。

クリームの量はちょうどいい感じでした。多すぎず少なすぎず。こういうパンにクリームたっぷり挟んで食べたいと誰でも1度は考えますがやっぱりバランスが一番大事。

職業柄それが簡単に出来てしまうので何回か自分のお店でやりましたが一口でもう十分!となりますね。やっぱバランスって大事。

 

お安くて甘いものが少し欲しくなったらちょうどいいパンですね。

ちなみに368kcalです。ではまた明日 ( ̄ー ̄)ノ

 

~余談

このアイテムで必ず起きるのがクリーム入れ忘れ・・・

工場なんかは機械が。街のパン屋さんでは当然手作業。

入れ忘れるなんてそんなこと起きるわけないじゃん!て誰でも思うんですが、現場では何十本、何百本、工場だったら何千本、何万本て作るのでちょいちょい起こります。検品作業がしっかりできている環境ならよいのですが、そうじゃない現場だとなかなか気づけないこともあり・・・気を付けます!