バジル香るサラダチキンピザ

 

どーも!パンブロガー福介です ヾ(・_・;

 

今回はファミマさんの「バジル香るサラダチキンピザ」のレビュー。

f:id:fukusuke33:20181223084343j:plain

f:id:fukusuke33:20181223084431j:plain

ピザっぽくないピザですね。

パン屋さんってピザにめっちゃ力入れているお店と「ピザなんておまけでしょ」みたいなパン屋さんに分かれますよねー。

客層とか、お店のピークがランチタイムにあるとか、シェフの考え方とか色々な要因があるとは思うんですけど、個人的には「ピザはピザ屋さんにまかせようぜ」派です。

下手にパン屋が手を出すとなんか中途半端な微妙な商品になりがちな気がします。

パンは生鮮食品ですし、ピザなんて焼き立てが美味しいに決まってますから、自分で商品を選ぶセルフのパン屋さんで「これはいつ焼き上がったんだろう」みたいな表面カピカピのひっくり返ったりしているものもあったりするピザを見かけると胸が痛みます。

「本場イタリアのコンテストで優勝しました!」みたいなピザ屋さんで美味しいワインと一緒にいただくとか、もしくは宅配ピザで30分以内に届けてもらった方がいいんじゃないかなぁと思ったりします。

パン屋が惣菜系のしょっぱい商品作るならピザじゃなくてキッシュじゃね?といつも思います。


パン屋でもシェフが具材からしっかりこだわって、料理の知識もしっかり持ち合わせていてそれを活用して、生地も具材に合わせたピザ専用の生地をしっかり作って、「お店の看板商品になってます」くらいじゃないとやめといたほうがいい気がします。

菓子パン生地が余ったから薄く伸ばして冷凍かけといて、出来あいの適当なトッピングしてとりあえずチーズかけて焼いとこうぜ、みたいなピザはノーサンキューです。

 

さて、今回の商品ですが形がちょっといびつですね。

伸ばしが丸くないのか、サラダチキンの位置が悪いのか。

あまり美しくない外観です。

サラダチキンの周りの線状というか棒状?のガチャガチャしているのはチーズですね。

フィリングではなく生地にチーズをのせて焼くパターンのピザです。

バジルの緑はやや控えめですかね。

でもバジルとチキンの組み合わせは鉄板ですよねー。

美味しい。

 

f:id:fukusuke33:20181223091442j:plain

f:id:fukusuke33:20181223091528j:plain

横とか裏とか。

 

f:id:fukusuke33:20181223091644j:plain

f:id:fukusuke33:20181223091709j:plain

バジルチキンの上には半固体状ドレッシングという名のマヨネーズ的なものが。

これがサラダ要素っぽいですね。

ほのかなバジルの香りが食欲をそそります。

パン生地は柔らかめな油脂多めに配合されている生地です。

 

カロリー245kcal。

価格は¥145。

ともに妥当なところ。

 

評価(A~E)∩( ´∀`)∩

ルックス  D

香り    B
柔らかさ  B
歯切れ   B
口溶け   C
食べ応え  C
コスパ   C
満足感   C

Total(Max10)  5福介!

 

バジルチキンはやはり美味しいです。

サラダ感というと微妙ですが、半固体状ドレッシングはいい仕事してます。

パンも歯切れがよく、柔らかめで食べやすい。

チキンの量は少ない気もしますが、トータルでも美味しいかなぁと思います。

ただネーミングは作り手の自由だと思いますが、ピザじゃないよなー。

 

それでは( ̄ー ̄)ノ

PVアクセスランキング にほんブログ村