カレー棒   

 

どーも!パンブロガー福介です ヾ(・_・;

 

今回はセブンさんの「カレー棒」¥128です。

f:id:fukusuke33:20180609060330j:plain

油で揚げてるカレーパンです。

形もスティック状で食べやすそうですね

そして珍しく商品名が短い。

 

f:id:fukusuke33:20180609060400j:plain

長さがあります。柔らかいですね。

パン粉が表面にしっかりまぶされてます。

普通の揚げカレーパンはカレーがパン生地の中に入っている状態で、フライヤーで揚げます。

これはパンに切れ込みが入っているので、パンを揚げて後からカレーをなかに絞ったようですね。

 

f:id:fukusuke33:20180609060429j:plain

断面です。

パンが柔らかそうですね。カレーもツヤがあります。

つまり、美味しそう。

 

カレー後入れの話ですが、カレーパンのカレーはどうしてもカレーパン用のカレーになってしまいます。

クリームパンのカスタードクリームがクリームパン用のカスタードクリームになってしまうのも同じ理由です。

パンの場合、包餡という作業が必要になってくるのでカレーやクリームが柔らか過ぎるとパン生地で包めません。(技術力でカバーするといっても限界があります)

ましてや大量生産するので、どうしても包餡しやすい硬さのフィリングにするのが一般的です。

そのためなるべくなめらかで柔らかいものを、包むためにフィリングを冷蔵しておいたり、油分の配合を増やしたり(温度で硬さや形状が変わるため)してます。

ただこのフィリング後入れにすることで、この問題が一気に解決されます。

常温でなめらかで液体に近い状態のカレーが入ったカレーパンになります。

なるほどな~ ( ̄O ̄

 

いただきましょう φ(^▽^*)♪

揚げカレーパンでも表面カリッとタイプとソフトなタイプがありますが、こちらはソフトなほうです。

中のパン生地も非常にソフトです。

カレーは辛さはマイルドですかね。スパイスはしっかり感じられます。

豚ひき肉?とじゃがいもと人参が入ってます。

そして揚げパンなんですが油感が控えめです。

 

カレーパンてドーナツ(揚げパン)なのでカロリーは400kcalくらいが一般的なんですがこれは268kcal!

おそらく形状が棒状なので熱の伝達がスムーズで、揚げ時間が短くて済むのでパン生地の吸油率(パンがどれだけ油を吸っているか)が低く抑えられているためだと考えられます。

 

ただの棒状のカレーパンだと思っていたんですが・・・

こってり脂っこいカリッとしたカレーパンも美味しいですが、こちらのカレーパンもとてもおすすめです。

 

以上! ではまた明日~ヽ(´∀`。)ノ